2004年10月04日

デビュー前・この業界に飛び込む

 この業界に飛び込んだのは、1984年春。
大学では法学部に在籍していた。が、法曹界を志望するような勉強の仕方はせず、もっぱらサークル活動に没頭していた。また、自分が何をしたいか−を考えてもイメージがいまひとつ湧かない。そんな大学4年で夏を迎えていた。
 そんな時、「これからはソフトウェア!」という情報が入ってきた。当時、まだそれ程一般的な言葉ではなかった為、それが何であるかは自分では理解できなかった。が、次第に大量のDMの中からソフトウェアに関連する企業をチョイスして、企業研究を始める。
 そんなダイレクトメールの中に、「日本情報サービス」(現 日本総合研究所)があった。この業界ではかなり規模が大きく、バックに銀行がついているので、潰れることはないだろう−といういかにもだらしない理由で、企業説明会・面接に申し込む。
 当日、一頻りの説明を受けた後、適性試験、役員の方の面接を経た。適性試験は知能テストのような内容で「文系出身でどうせ営業職なのに、何故こんな適性試験なんだろう」と、またまたこの時点でも大きな勘違い。
試験当日の翌日、早くも内定の通知を受ける。「早いもんだな」と思ったが、当時の就職事情は売り手市場であった為、どの企業も急いでいるんだろう−くらいの思いだった。いずれにしても、一番最初に内定をいただいたので、この会社にお世話になろう。営業頑張るぞ!−とまだ考えていたのであった。

http://www.sigma-crest.com
人気blogランキング

sigma1126 at 11:20│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(1)TrackBack(0)この記事をクリップ!
▼SEとしての道のり 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カウンター   2008年09月19日 01:09
カウンターをお探しの方は是非ご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別