2016年12月26日

■2016年の「お初」

DSC_0871早いもので、2016年のラスト1週間となった。
太陽が時折垣間見えるものの、曇天。これから益々本格的な冬を味わう事になろう。だが、季節は冬至を越え、少しずつ昼の時間が増えていく事になる。そういう季節感をゆとりを持って味わえる自分でありたいと思う。

今年は、凡そ4年ぶりに、大き目の年越しテーマを自ら持ってしまっているので、やや自失状態になりかけているのであるが、こういう時こそ、心のありようを意識して、落ち着いて一歩一歩踏みしめていく事をしていきたいと思う。そして、こういう状況の後には、新しい景色が見えてくることも、つたない経験則で知っている。

今年の初体験は、おめでたいこと。

・・・・・



去る12月の初旬。結構披露宴に参加させて頂いた。これが何と初の社内結婚カップル。大きな組織の中では、「普通だよ」と思われるかもしれない。が、15年前、6名で会社を立ち上げ、その後、「採用ってどうやるの?」から始まった採用活動を通じて、仲間になってくれたメンバーが、ここを舞台に愛を実らせたというのは、非常に感慨深い。

式から披露宴の時間、自分のつたないスピーチはさておき、初めての社内結婚カップルを見つめながら、これまで感じたことの無い、非常に暖かな不思議な感情に満たされていた。これまで、採用活動を通じて入社してくれた面々を、「仲間」だとか「同志」と思いたくて、そのようにしていたわけだが、それとは趣の異なるものに。

それは、失礼を承知であえて言えば、「親」に似た感覚だろうか。
日頃から、仲間になってくれたメンバーには、この舞台で活躍して頂くことで、何らか彼ら彼女らの幸せに貢献しようと考えてはきたが、それが、「この二人のため」「この二人の築く家庭のため」・・という思いに昇華した瞬間だった。
それだけ自分も年齢を重ねたという事でもある。

この想い、必ず持ち続けていこう。

sigma1126 at 08:41│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別