2016年05月18日

■現場の風

DSC_0741昨日の曇天から打って変わり、今日は晴天。陽射しも強く、世の中はクールビズの様相となってきた。「夏」の到来を予感させる1日となりそうだ。

さて、暑い季節を前にして、仕事でも徐々に温度が上昇しつつあるこの頃。しぶとく現場作業にこだわってる自分に、生産現場への出張−という試練?が始まった。工場内の現場に設置するシステムの説明をさせて頂き、ご理解をいただく事が、今回の主な目的だ。

試練の皮切りは大阪から。

・・・・・



生産現場に導入するシステムをデザインするには、現場の理解がないと、やはり難しい。それを見ずにして、単純なロジックで、「1+1は2になるはず」的な設計を行うと、痛い目に遭うものだ。もちろん、システム導入の目的は、全体最適にあるわけだが、そのシステムに触れてもらう現場の方々の負荷や、生産活動を行っている生身の人の事を知らずして、良い成果は生まれない。

現に、過去に数度、作ったは良いが、結局使われなくなった−という仕事も体験した事がある。それだけ、「ものづくり」の現場というのは、デリケート、かつ、良い意味で高貴なところでもある。

そんな事から、生産現場にお邪魔する際に、工場見学をさせて頂くチャンスがあれば、積極的に参加させて頂いている。過去にも、製油・酒類・製パン・デザート・・など、いくつかの食品メーカーさんの工場にお邪魔させていただき、少しでも理解を深めて、それを仕組みづくりに生かしてきたつもりだ。

そして先日は、「チャーハン」。
最近、テレビでも良く工場内にフォーカスをあてた番組が放送されているが、丁度あのカメラの目線の距離感で、今回も見学させていただくことができた。

当然、現場の方に言わせれば、「一度や二度見たくらいで・・・」という事だろう。もちろん、一発でその現場を知った−などとは口が裂けても言えないし、そう思うほど、不遜ではないと自覚している。ただ、見学したことがあるのと無いのでは、これは大きな差でもある筈、つまり、0と1の差だということだ。

現場を大事にする。これも「土の香りのソフト屋」として、必達のふるまい、姿勢だ。

sigma1126 at 12:50│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別