2016年05月10日

■感性の贅沢病

DSC_0714G/Wが終わって、天候も疲れが出てるのか、今日も曇天、夕刻以降はまた雨模様となるらしい。東京近郊は、集合研修もひとまず落ち着いて、徐々に通勤ラッシュの様相も変わってくる頃。何故か毎年この時期になってくると、だんだん人が減ってくるような気がする。

昨日書いたように、決して平坦な歩みではないが、徐々に集団を支える陣容・業容共に拡がって来ている事は素直に喜ばしい事だと感じている。多くの人に巡り合い、また、たくさんの仕事に触れあえる状況というのは、非常に幸せな事だ。

だが、こうなってくると、それはそれで、また別の課題がでてくるもの。

・・・・・



人数も増え、仕事も増えてくると、やや麻痺してしまいがちな感覚がある。
軽い「感性の贅沢病」とでもいうべきか。実は、決して贅沢をしているわけではないと自覚しているのだが、内から起こる思いや、考え方、行動にそれは表れてくる。

具体的にどういう事か・・・。

・以前は、どんな小さい仕事でも、オファー頂ける事が感動的だったにも関わらず、今はそれ以上のものを求めてしまう。

・以前は、たった一人の小さな成功、善行に感動出来た事が、今はそこまで目が届かない。感謝するタイミングもいつの間にか逸してしまう。

何となく、濃い味付けのものばかりを食していると、素材の持つ味を感じなくなる−というのに、似ているなと思う。舌が麻痺してしまっているということだ。

恐らく、「もっともっと」という思いが、小さな旨みを忘れさせてしまうのだろう。これではきっといけない。このままでは、これまで積み上げてきた、この集団の「旨み」も、同時に薄くなってしまってきてしまうかもしれない。

先を見る事は必要。そして、現状もつぶさに観察して、感じる力を強める事。
但し、物理的に限られた時間。この感性の研ぎ澄まし先をどう考えるか、どうしたら、集団としての感性を維持・強化出来るか、その方法を探る事が今後の大きな課題の一つになるであろう。

まずは今日から。

sigma1126 at 08:41│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別