2015年06月08日

■梅雨を前に

DSC_0616湿っぽい1週間の始まり。西の方から続々と梅雨入り宣言が出され、関東も「その時」を目前に控える状況となっている。明けての猛暑も堪えるが、この日本独特と言われる梅雨時の空気の重たさと言ったらない。なんとか体力つけて、今年もこの時期を無事に乗り越えたい。

とは言ったものの、実は先週の木曜日あたりから、身体にやや異変。喉の軽い痛みを覚え、「これは・・・」と思っていたら、その痛みが徐々に主張してきた。すかさず、「貴方の風邪は喉から・・・」という事で銀のベンザを飲み始めた。当座、薬の効き目が保持されているうちは良いが、それが切れると徐々に症状が・・・。そんなわけで、この土日は、微熱もあり、静かに過ごしていた。

やや、オーバーヒート気味だろうか・・・。



・・・・・

5月は中旬以降、色々なイベントが目白押しだ。残念ながら、ここを卒業していく仲間の見送り。そして、それに変わるように果たした奇跡の産物の出逢い、そして仲間入り。さらに、新しき仲間をお迎えする為の活動など。そんなイベント盛りだくさんだったので、当然頭はフル回転していたのだが、最近はそれほどバンバン飲む事は無くなったアルコール摂取が、ここ1、2週間で明らかに増加した事も変調の原因かもしれない。

「自分しかできない事」という思いあがった感覚も、それを嬉々として動いているうちは良い。「どうせ俺しかできないでしょ」というネガ発想よりは余程マシだ。このところ取り組んでいる自分の活動一つ一つが、自分に与えられた恵み−と思える事が非常にありがたい。そして、そういう場を提供してくれているこの会社、仲間、お客様、まだ見ぬ数々の出会いの可能性など、感謝しつくせない。

だが、そんな浮かれ気味の自分の状況とは別に、この週末に休日出勤までして頑張ってくれている仲間も居る。これには頭が上がらない。もちろん、どうしてもその状況に追い込まれる仕事はどの業種・職種をとっても一緒だろう。だが、少しでもこの状況にならぬよう、日頃から十分な資源と時間を皆に提供する事が自分の大事な仕事でもある。従って、仲間を休日出勤や深夜残業などに追い込む状況は、自分にとっての「恥」と認識すべき事。

さて、今週以降は、新たな仲間を迎える企画が続行すると同時に、さらに採用活動に熱を入れていく事となる。また、今月終盤に迎える1日研修の準備にもムチを入れていかねばならない。多くの仲間たちとの触れ合い、向き合う場面を増加させていくこと。これは最近特に肝に命じるべき事と認識している。それを実践するのはまさに今。

今週も、皆との素晴らしき接点を増やしていきたい。

sigma1126 at 08:15│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!
▼シグマ運営日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別