2013年02月01日

■それって常識?

130201_0844~01今朝も晴天で良い気分。夕刻以降は雨模様との予報だが、なるべく頑張って持って欲しいものだ。そしてもし雨に打たれても今週平日をきっちり過ごした充実感で、曇った空模様に負けずに締めくくりたいもの。

週末平日最終日は、打合せあり、外出有り−と、活発な1日となりそうだ。心穏やかに過ごし、1つ1つの目の前の事に対して、自分なりの彩を加えながら前向きに感じていきたい。

ここ数日間は、女子柔道の暴力指導の報道がメインとなっている。相変わらずのマスコミの一発退場に追い込む姿勢には閉口するが、それを「暴力」ととるか、「指導の一環」と捉えるか、アスリート側と、連盟及び指導者の常識の違いを垣間見る事が出来た。



・・・・・

自分も含めて、多くの人はネガティブな状況にぶつかって、やや心が狭くなると、どこかしらかで、誰かに愚痴をこぼすか、自問自答しながら自分を慰めるもの。

「普通こうだよね。」
「みんなそう思ってるよ。」
「それが常識だ。」

この「普通」「みんな」「常識」という言葉。これが結構危険を孕んでる。一体「普通」って誰の普通?「みんな」って誰?国民?世界中の人?「常識」って誰が決めた?

わかっててもはいてしまうのが愚痴。心のどこかでは、「やや違和感」を持ちながら、ついついビハインドな状況におかれるとバリアをはって、口に、文章に、心のつぶやきで発生してしまうもの。

物事、事象には必ず2極以上の側面を持っている。左からと右から、前からと後ろからでは景色が違うし、また、それを見た上での感覚や思い、考え方は異なるもの。

出来れば一度立ち止まって、回り込んで別な角度から物を見る余裕を持ち、行動したいものだ。もちろん根っこにあるポジティブな思いの火は消さない事。これを続けていけば、一旦ネガティブになりかけた自分の思いは、雪解けのチャンスを得る事ができるだろう。

心がけたい。

sigma1126 at 08:56│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!
▼その他日々の思いなど 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別