2008年04月19日

■土曜日の五反田

八重桜

すっかり春なのに風雲急・・・というような天気が数日続いたが今日は比較的穏やかか・・・。

この季節の土曜日の五反田。会社事務所と反対側の西口。山手線で言えば外側を歩くとほどなく目黒川に到達する。以前は雨量が増えるとすぐに氾濫の危惧もあったところなのだが、この目黒川沿いの八重桜がご覧の通りで今が季節。普段の仕事頭が少しは癒されるようで心地良い。

さて、今日はこの五反田にふらふら散歩しに来たワケではない。



・・・・・

「自立型社員育成」というテーマの、若い社員向けの研修初日だった。この研修に我が若い仲間達が3名受講する。今日から2ヶ月に1度の土曜日を使った計5回ほどのロングラン研修の初日だ。最近懇意にさせて頂いている船井総研さん主催の研修企画だ。

「初日は午前中入校式なので、是非社長もいらして下さい」−というお話だったので、何やら保護者同伴のこそばゆい感覚であったが、のこのこ参加させて頂いた。

蓋をあけてみたら・・・

なんと、社長参加が自分一人のよう。船井総研さんの研修会、セミナーは、沢山動かされ、沢山発信を求められる事を知っているだけに、この時点で若干の嫌な予感がする。

案の定、開催5分ほど前に進行役のご担当が自分の元に来られて、「高橋さん。最初に僕が開校の挨拶をしますので、その後に各社の社長さんを代表して、一言お願いします。」・・・と。嫌な予感が的中した。

立場上、こんな事を言うのもどうかと思うが、未だ自分は人前で話をするのが極めて苦手だ。この時も若い面々10名の前であったが、しっかり緊張して話をさせてもらった。しっかり自分の研修も兼ねられてしまい、この期に及んで船井総研さんの罠に落ちたな・・・と、なんだか不思議なさわやか感を味わった。

その後は午前中いっぱい、この研修を行うにあたってのウォーミングアップ的なお話をコンサルタントでもあり講師でもある先生方より頂く。しょっぱなから、若い彼らにとっては刺激的な1日となる事を確信した。

結局、そこまで同席させて頂いて、昼食前に研修場を後にさせて頂いた。

さて、このような外部研修であるが、もちろん内容そのものを素直に受け入れて、租借して実践に移していく−という学習が必要なのだが、それにも劣らず大切な要素は、「外の風に触れる」−という事だ。

外部研修なので、当然ながら先生方も、また共に受講する周囲の同級生(?)も自分の会社とは異なる方々だ。こういう方々と触れ合う事で、自分の常識、自分の会社の常識とは一風異なるエキスを感じるものだ。このエキスをまずは素直に自分の体内に入れて、租借加工・取捨選択を行って自らの血とし骨として欲しいものだ。それが外部研修の大きな醍醐味でもある。

幸いにも初日の今日は、研修時間後、夕刻より懇親会があるようだ。全員が参加できるかどうかはわからないが、出来ればこういった時間も利用して、この醍醐味を味わって欲しいと思う。

頑張れみんな。

sigma1126 at 17:55│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(6)TrackBack(0)この記事をクリップ!
▼シグマ運営日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あややことあさり   2008年04月19日 21:04
本日はわざわざ入社式においで頂いてありがとうございました!

代表お一人というのには私も驚きましたが、色を例えたご挨拶のお言葉はさすがでした。
鮮やかな色を帯びた人間であろうと思いました。

記事にも書かれている通り、外の空気にふれることの重みを実感できました。
刺激を受けるだけでなく、吸収してシグマにも生かせたらと思います。

一年弱の長丁場ですが、頑張ります!
2. Posted by 斉藤   2008年04月19日 23:04
今日はワナにはまっていただきありがとうございます(笑)。

シグマクレストさんの社員の方は、皆とても素直で感じが良いですね。

社員さんのこれからの成長を楽しみにしておいてください。
3. Posted by イワムラ   2008年04月19日 23:23
本日は土曜日にも関わらず、入学式にお越しいただきありがとうございました。

…嫌な予感を的中させてしまいました。申し訳ありませんでした、と同時に心に突き刺さるメッセージありがとうございました。

参加されている社員の皆様がこれから1年かけてしっかりと成長の階段を駆け上がれるように全力でサポートしていきます。

どうぞ温かく見守っていてください。
4. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2008年04月20日 08:38
>あややことあさりさま

コメントどもども。
本当に一人でビビリましたけど、まぁつたない挨拶で却って恥ずかしい思いをさせてしまったかもしれませんね。僕も頑張らなければいけないです。
5. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2008年04月20日 08:42
>斉藤さま

有難うございます。
今回は皆、この研修を紹介したところ、手をあげて参加表明してくれた面々です。どうか宜しくお願いします。
次々とご用意頂く罠に、いちいち引っかかる自分です。これを心地よく感じるところに斉藤さんの腕を感じます。
6. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2008年04月20日 08:45
>イワムラさま

有難うございます。
確かに、背後からイワムラさんの気配が忍び寄って来たときに、「やっべーキター」という心持でした。が、出来はともかく本人意外に楽しんでます。
どうかこちらの件も宜しくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別