2007年02月01日

■義理堅いお父様

452db962.jpg昨年の11月に福岡に採用関連の出張に行った際、折角来たからと思い、出張に付き合ってくれた「みやっち」のお父様のお見舞いに行きました。

後日、無事に退院され、元気になったお父様から大きな段ボールが会社に届きました。
5周年記念パーティにも大きな花束を頂いたりして、とても腰の低い、しかし芯の強そうな律儀なお父様です。

そのお父様に育てられた「みやっち」なので、きちんと遺伝と相まって、とても良い男に成長しています。私の至らぬ部分などを気を利かせてくれたり、もちろんSEとしての腕前もかなりのもの。
Web系を彼に任せたら、昔の吉野家さんのキャッチではないですが、「早い、安い、美味い」の3拍子揃ったサービスを請けられること間違いありません。

さて、届いた段ボール。
もったいなくてしばらくそっと大事にしていたのですが、本日一気に開梱させて頂きました。
すると、

思わず「おぉ!」とごくり。
知ってる銘柄、知らない銘柄含め、焼酎とワインが続々と・・・。
涙ちょちょぎれる程有り難い。
みやっち、あらためてお父様にお礼を言っておいてね。

2月4日は立春。
これを記念して、また社内宴会で盛り上がろうと、固く決意したのでした。

「酒の香りのソフト屋さん」に改名が必要か・・・?

sigma1126 at 17:34│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!
▼ちょっといい話 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別