2006年11月23日

■静かな世代交代

このところ、自分の席がある、とある現場の私達チーム(8名)の座席が閑散状態となる事がある。

休日だから・・・というワケではない。
また、別にこの集団、病気勝ち−という事でもない。

お客様のところへ赴き、御要件をヒアリングしたり、仕様検討の打合せを行ったり、またはシステムの導入作業にあたったり−と、その事由はさまざまであるが、つまりそれぞれの外出が増えている。

「A君は×××さんに、B君はYYYさんに、CさんはZZZさんに出張・・・」という具合に、行先掲示板の賑わい方が高まっている。

恐らく、この仕事、やはりパソコンの前に噛り付いている−というイメージが強いと思うのだが、そうではない。こんなところにも、この仕事に於けるコミュニケーションの大切さがわかる−というもの。

だが、それはそれとして・・・

みんな頼もしくなってきたなぁ−と、しみじみ。

5年前、6人で会社スタートした頃は、全てのメンバーがそれぞれの重要な役割を担い、何から何まで行っていた。それは当然の事。

やがて、幸いにも採用する事が出来、ひとり、またひとりと、若い仲間が増える。

最初は、その彼らを育てる動きを行いながら、実践してもらう仕事も当然自分達の役目とし、必死に仕事をとり、打合せを行い、その中から彼らに渡す仕事をひねり出してきた。

それが今や、彼ら一人一人が次々とお客様デビューを果たし始めている。

そして、向上心を持って取り組む事によって、いわゆる「お得意様」との出会いも...。

「今日お客様との打合せだったのですが、別件で、こんな話も頂きました。」と、嬉しそうに話す若い同志の報告。
これはたまらない。

今後、それぞれがリーダーとなって旗を振り、部下を指導しながら仕事をコーディネートしていってくれるだろう。

ちょっとした嬉しい世代交代を感じている。

sigma1126 at 17:38│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(6)TrackBack(1)この記事をクリップ!
▼ちょっといい話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アフィリサイト売り上げアップ!次世代SNS活用不労マーケティングツール  [ infomasterさんのブログ ]   2006年11月24日 07:27
これがサイト維持への励ましになります。→ ランキングへ行こうあなたは一体、どのような使い方をしていますか?気になる人を見つけて、メッセージを送ったり、お友達に追加してもらったり毎日時間をかけとやっていませんか?みんな忙しいのです。時間がないのです。あなた...

この記事へのコメント

1. Posted by とほほ経営者   2006年11月23日 17:51
はじめまして。
同業者の方のブログを探していまして。。。
おぉ〜!女社長さん?・・・のわりに文章が女性らしくない。。。
会社のサイト見させていただきました。
男性だったのですね。
企業理念に、なかなか良いことを書かれていて、同感であります。
関西の会社だったら。。。と思ったので、ちょっと残念。
2. Posted by AMB 岡部   2006年11月23日 20:10
こんばんは。
最近精力的に更新してますね〜素晴らしい♪
高橋社長の会社は素晴らしい人が育っているのですね〜流石です。うちはまだまだこれからですので見習いたいと思います。
3. Posted by 女社長の三十路の気持ちyuka@   2006年11月23日 20:51
嬉しい閑散ですね
うちもいつも人がいなくて、ふと寂しくなる時もありますが、その分皆外で頑張ってるって思うと嬉しくなります
私も頑張ります
4. Posted by Toshiちゃん   2006年11月23日 21:23
5 若い方々の成長は凄いですね!
着実な会社発展のホップ、ステップ、ジャンプと段々加速するのが楽しみですね。
5. Posted by エフィ インタナショナル 代表   2006年11月24日 20:05
5 着実にしっかり会社が成長している証拠ですね!

益々のご発展とご健勝を心より応援しています。
6. Posted by スマイルハートの社長   2006年11月24日 20:19
素晴らしいですね。
こうして人が育ってくれるのを目の当たりにできるのは社長としてうれしいですね。
さすが高橋社長ですね。
応援ポチ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別