2006年11月22日

■青ざめる体験

私達のような仕事の場合、ある程度の経験を重ねた方は、ある「冷える思い」、「背筋が凍りつく」体験をします。
例えば、大事なデータを誤って消去してしまったり、上書きしてしまったり、共有のファイルを自分が掴みっぱなしにして、他の方にご迷惑をかけたり・・・と。

こんな経験がない方は、とても素晴らしいのですが、私は昨日、やってしまいました。

繁忙期のヘルプで、私自身、あるソフトウェアをテストしてる時に、誤って、関係ない別のボタンを押してしまったが為に、大事なテストデータが吹き飛んでしまいました。

今回は、自分達の中でのテストでもあったので、「お客様に多大な迷惑」という事にはなりませんでしたが、間違ったボタンを押してしばらくすると、様子がおかしい事に気付き、スーッと血の気がひいたかと思うと、その後、全身がカーッと熱くなってきました。

「本番データでなくて良かった。」
本日自力でなんとか復旧し、テストも無事終えたのですが、昨日は結構凹み、とぼとぼ帰宅したのでした。

思い起こせば、以前より何度か「冷える思い」してます。
中には冗談ではすまないものもありました。

それはまだ、1年目の頃、コンピュータの「コ」の字もわからずこの世界に入り、日々勉強しつつ業務にあたり、だんだんわかってきて面白くなってきたある日の事。
端末からホストコンピュータのあるファイルを覗いていると、電話が・・・。
「××のファイルつかんでんのは、お前か。なんでそんなファイル見てんだ!おかげでオンラインを5分とめたぞ!馬鹿者!」
当時の勤務先は、計算センター業務を生業としており、自社コンピュータをサーバーに、お客様にオンラインサービスを行っていたのですが、これを5分止めてしまいました。

まさか、「勉強していて興味がわいたから・・」とは言えません。しどろもどろで平謝りでした。

また、お客様先でのシステム構築の仕事で、もうじき本番−という状況を迎えていた頃。
ある日、本番環境で、プログラムをプレランするテストを行いました。これは、本番環境にて、データを0件でプログラムを最初から最後まで動かしてみる−というテスト。環境設定や、処理手順を記述したコマンドに誤りがないか否かを確認する目的です。

一見、何事もなく、無事終了したかに見えたのです。
ところが、その数十分後、1本の電話が・・・
電話でひとつひとつの事象を聞いてるうちに、凍りつくように冷えていきました。
その処理手順を記述したコマンドのたった一文字書き間違えただけで、それ以降の本当の本番業務に多大に迷惑をかけてしまいました。

その業務が、物流系の業務でしたので、それ以降続く請求業務などなどに誤ったデータが渡ってしまい、それがどんどん転移していく−という始末。
これは結局、それらのシステム関係者併せて数十人を土日出勤させてしまいました。
もちろん、私の上司である部長も同席の上、丁重に陳謝。
損害賠償請求されてもおかしくない、これは青ざめた出来事でした。もう20年ほど前になりますが、あの時の冷えた感覚は今でも残ります。

また、これは自分ではありませんが、ある客先でシステム開発をしていて、何を間違えたか、「Drop Database[ENTER]」(データベースもろとも全部消えろ!−という命令)とやってしまった−という話は聞いただけで鳥肌が立ちました。
笑い話では到底すみません。
まぁそんな命令を1開発要員が使える権限設定も問題とは思いますが、ご本人と会社はただではすまなかったでしょう。

これらは、決して、間違っても武勇伝ではありません。こういうミスは犯さない方が良いに決まってます。チームや会社としての取り組みはさることながら、やはり人の手がどこかに絡む以上、ミスは0にはなりません。

自分の経験では、あまりに忙しく余裕がない状況の時や、体調が思わしくないときに、この手のミスを犯しがちになります。
今さらながらですが、やはり基本は、日々の体調管理と時間管理なのだと、改めて気付かされた昨日今日です。

sigma1126 at 15:19│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(6)TrackBack(0)この記事をクリップ!
▼システム屋として 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 優花音   2006年11月22日 17:36
なんか人事でないお話です。。。
私も似たようなことはなくはありません。。。
冷っとするときの血管が収縮する感覚。。。
指先が きゅっと こわばる感覚。。。
ぞっとします。

その後、何事もなかったことを確認できたときの
安堵感もひとしおですけどね。。
2. Posted by ユキコ@リ・セット   2006年11月22日 19:55
こんばんは。

読んでいて、心臓がキュッとしました 笑
テストで完璧と思っていても、何かしら出てくるんですよね・・・そんなことがないようにテストをしているのですが

3. Posted by 女社長の三十路の気持ちyuka@   2006年11月22日 20:04
職種によって色々ありますよね
私は明日祝日ということをすっかり忘れてて、
明日の現場のMCのスケジュール押えるの忘れてました
今バタバタとスケジュール押えたところです
あせった〜
4. Posted by さき姉   2006年11月23日 07:11
私もやってしまいました!

しかもつい最近…




反省です!
5. Posted by シルバーマスターのつぶやき   2006年11月23日 12:13
自分の失敗を思い出し手に汗かきました(笑
思い出の品、形見などのジュエリーを
お預かりすることが多いのですが、
神経使いすぎて逆に失敗したことあります。
6. Posted by スマイルハートの社長   2006年11月23日 17:42
会社にとっての大事でデリケートな部分を担うお仕事なので、ひとつのミスが大きな影響を与えるのですね。
日々の体調管理と時間管理がミスを犯さないための対策だということ共感します。
応援クリック、ポチッと!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別