2006年09月06日

■脱皮真近

嬉しい風が吹いている。

・五周年企画プロジェクト
・社内旅行プロジェクト
・夢実現プロジェクト

などなど、自分が直に触れていない世界で、色々なところでそれぞれが動き出している。
まだ全員が全員、このムードに染まりきっているワケではないのだが、少なくとも明らかにはっきりとその兆候は見え始めている。そして近く、非常に若々しい活気ある世界がやってくるに違いない。

これまでは、「俺が俺が・・・」状態であったあまたの事が、皆の協力とエネルギー、そして自分の少しの踏ん切りをもって着実に前進し始めた。

これに加え、近く今現在の実践業務の主役の座も、一気に若返りを図るべく計画している。
もちろん、まだまだ躓く事はあるだろうし、バックアップフォローは充分しなければならない。

仲間達の個々のパフォーマンスを思う存分発揮する世界は近い。

そして、
自分のやるべき事、それは将来を見据えた準備の本格化と、皆への大きなフォロー。
この2点に絞られる。
言い換えれば、翼を大きく広げる部分と、大いなる我慢。

いよいよ、自分の器が試されるフェーズとなってきた。
ゾクゾクする。

sigma1126 at 23:10│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!
▼ちょっといい話 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別