2006年09月03日

■小さいソフト屋のプライド

少し以前の話となるが、とある居酒屋で飲んでいた時の事。

たまたま隣に居合わせた男性二人組の会話から、考えさせられる事が多かった。

お一方は、かなりこの会社歴が長いベテランの方、年齢は40〜50代といったところか。そしてもう一方は1年半位前に、この会社に転職されてきた(会話から判ってしまいました)30代の方。

普段、食事に行ったりしても、周囲の声はほとんど気にならず、自分たちの会話に没頭するのだが、この時は、あまりに近距離で、なおかつお互いにノーガードの大きな声での会話であったので、どうしようもなくその会話の内容まで耳にこびりついてしまった。

とても気持ちよく飲まれていたと見える。内容は、社内組織の事であったり、家庭問題の話であったり・・・。ベテランの方が後輩に向かって、恐らくアドバイスのつもりなんだろうが、語る語る...。
まだまだ「おらおらオヤジ」は存在するのだなぁ−と、何だか感慨深い気にもなった。

それにしても、あまりに自分の会社名を臆する事もなく、堂々と公言しながらの会話だったので、さすがに、「いいのかなぁ、間近に誰がいるかもわからないのに・・・」と思ってしまった。紛れもなく、旧財閥系の大手シンクタンクの方だ。
まぁ、ライバル−と言っては相手に失礼だが、提供しているサービスの内容は遠くはない。

やはり、大きな所帯になると、お客様視点というよりは、社内処世術に興味とエネルギーを裂く方が多いようで、そんな話を自分も最初に入社した会社を思い出しながら聞いていた。(聞こえてきた)
こちらは独立して小さな所帯にいると「なんとくだらない、無駄な時間を」という会話なのだが、組織化の過程で陥りやすい現象でもあり、その辺り、反面教師にしなければならないとも思う。

ただ、聞き捨てならない一言が。。。
「○○○(この方たちの社名です)は、10億以下の仕事はとってはダメだ。」
思わず、「うわぁ、言っちゃった」と心の中でつぶやいた。
確かに、これだけの大手となれば、設備投資や人材開発投資も並々ならぬものであろう。また、恐らくであるが、親会社に対しての年貢的なものや看板代的なものも形はともかく安くない筈だ。それらをカバーするには、高単価かつボリューム大のプロジェクトにのみターゲットを絞り、粛々と業務遂行していく方向となって止む無し−というのは判る。

しかし、これをお客様が聞いていたらなんと思う事か。
また、大きなシステム化投資が出来ない会社は、少なくともこの会社に仕事をお願いしても、断られるか、或いは片手間にされるのがいいところだろう。「大きな会社だから弱きを助ける」というのが世の為人の為であり、格好良いと思うのだが。
結局のところ、今問題ともなっている格差社会にまともに加担している結果だ。
それが良い悪いはともかくとして、この手の方々に、その部分では政府批判する事は恐らく許されない。

さて、仮に大手のご同業のスタンスが、皆これと大差ないとしたら、私達には充分勝機があるとも感じる。何故なら、彼ら大手に手の出せない小さなお役立ちはいくらでもお客様が望まれてるはずだからである。また、どんな巨大プロジェクトであったとしても、その中身は小さい仕事の集合体である。もちろん、サービス体系が整っている大手ベンダーさんに叶わぬところは多いが、それはハナから我々は眼中にすべきではない。少なくとも今は・・・。1対1の喧嘩に持ち込めるようなところにターゲットを絞り、そこで勝負する。そう、ランチェスターだ。これが出来れば未来は明るい。

これを実践する為に我々のような小さきソフトハウスは何をすべきか。

‐さくても骨っぽい会社があることを広くお客様に知って頂く為の広報/広告投資
■餌丕韻侶嘩に勝てる人材育成の為の投資
そしてそして・・・

MΦい鬚發辰董大手ソフトの下請けを抜け出す事。自分たちの働きの多くの部分がお客様の喜びに繋がる前に、吸い上げられる事を理解し、これに加担する事を止め、我が会社のプライドを賭けて、広い広い市場に身を投げ出す事。

みんなでやれば恐くない筈。

sigma1126 at 10:07│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(18)TrackBack(0)この記事をクリップ!
▼システム屋として 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さき姉   2006年09月03日 12:17
はじめまして!

以前から気になっていましたので、訪問させていただきました!

うちの会社も成長期にあり、組織化の過程という事や、能力のない人は処世術に長けなければ、存在すら認められないのだな、と最近つくづく感じます。

2. Posted by エフィ インタナショナル 代表   2006年09月03日 17:33
 金額、大きさでなく。
 新たな価値創造していくということが重要と私も考えます。
 私も『新たな価値創造』のため行動、実践を重ねていきます!
3. Posted by Toshiちゃん   2006年09月03日 17:48
4 ご指摘の通り、お酒を飲みながらの会話でも節度が有る様に思います。壁に耳有り障子に目有りですよね!居酒屋さん等の会話でどうしても仕事の話もしたく成りますが、我々も参考にさせて頂き自省したいと思います。外人は夢とか趣味等のお話が多いですよね!大手企業、SIも最近個性が無いところが多い様に思えます。お客様が真に求めているものが何なのかを忘れており、予算とか採算とかの目が行き過ぎているのでは無いでしょうか?お客様の仕事を実現することを真剣に取組めばマダマダIT企業の成長性は他の産業に比べ抜群に高いと思っています。
4. Posted by スマイルハートの社長   2006年09月03日 19:16
まだまだチャンスがたくさんありますね。
小さな仕事から信用を重ねるって
取れも大事なことですよね。
足元を固めれば勝ちですものね。
応援クリック、ポチッと!
5. Posted by 女社長の三十路の気持ちyuka@   2006年09月03日 22:23
大手がそんなスタンスだからこそ出来ることがありますよね
お酒の席での会話には気をつけないといけませんね
6. Posted by nakamura   2006年09月03日 22:32
こんばんは。
おもしろい話でした。同じはなしも、聞く人によって違いがあると言いますから、さすがだと思います。
なお、組織というのは、難しいです(笑い)。
7. Posted by セブンスター   2006年09月03日 23:21
こんばんは。セブンスターです。
同様のケースを新幹線の中で見かける時があります。一人移動の時などは耳がダンボになってしまう会話もあります。飲みの席でも気を付けないといけないですね。
8. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2006年09月04日 21:28
>さき姉様

有難う御座います。
確かに要領の良い人というのは、ここぞ−という時に上手な振る舞いを見せますからね。これも一つのスキルなんでしょうかね。
9. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2006年09月04日 21:29
>エフィ インタナショナル 代表様

有難う御座います。
『新たな価値創造』そうですね。
自分もこのところこればっかり考えてます。
10. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2006年09月04日 21:32
>Toshiちゃん様

有難う御座います。
そうですね。予算、計画達成−の側面が優先した形になってくると、サービスに個性が注入しにくくなりますよね。会社として考えるべき問題なんだと感じます。
11. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2006年09月04日 21:33
>スマイルハートの社長様

有難う御座います。
おっしゃるとおり、小さな事からコツコツと、そう簡単に誰にも真似できない世界を創っていくことが大事ですよね。
12. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2006年09月04日 21:36
>女社長の三十路の気持ちyuka@様

有難う御座います。
気をつけないといけないですね。2チャンネルなどで、企業の内部情報があらわになる問題もあったりしますが、実は知らず知らずのうちに、企業情報を暴露しているのかもしれません。
13. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2006年09月04日 21:37
>nakamura様

有難う御座います。
そうですね、組織は難しいですね。
血の通ったモチベーションの高いチームを作り上げていくのは並大抵ではないと思ってます。
14. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2006年09月04日 21:40
>セブンスター様

有難う御座います。
そうそう、確かに新幹線の中でも多いですね。出張帰りの解放感がそうさせているのでしょうか。
出張帰りの車内ビール、確かに美味しいですけどね。
15. Posted by mayu7   2006年09月05日 01:53
こんにちは!
ミクシーの足跡から辿り着きました!

こういう考え、大〜〜〜好きです☆彡(^^ゞ。

こういう方あってこそ、
本当に、心通う仕事が成り立つような
気がします。

私も、又、今どうなるか分かりませんが、
同じ心意気で(業種は異なりますが(^^ゞ)
頑張りたいと思います!

…土の香りのソフト屋さんと
同じキャンパス歩いていたなんて
恥ずかしくて言えませんが(^_^;)、
去年の春迄歩いていました(^_^;)。

吉田研作先生が主査だったんです(^^ゞ。

突然のコメント失礼しましたm(__)m。

16. Posted by ノリィ店長   2006年09月05日 09:35
こんにちは!
仕事をしている方は、注意しないといけませんね。
外に出たら、『まわりはみんなお客様』と思うくらいでないと…。
私はそう思って気をつけて生活しています。 
世の中、繋がってますから (^_-) 
17. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2006年09月05日 22:26
>mayu7様

有難う御座います。はじめまして。
私はそれほど恐縮頂くような人物ではありません。
和やかに今後とも宜しくお願いします。
18. Posted by 土の香りのソフト屋さん   2006年09月05日 22:28
>ノリィ店長様

有難う御座います。
仰るとおりですね。買ってくれるお客様もそうですが、それ以外の上司、先輩、部下、家族・・・などなど、謙虚かつ感謝の気持ちを持って周囲と接していきたいものですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別