2006年08月17日

■兄貴分

いったいいつぶりだろうか。昨夜、自分にとって、数少ない大切な「兄貴分」と飲んだ。
場所は、三軒茶屋のとある焼き鳥屋さん。

学生の頃はともかく、社会人になってから、自分は、近い年齢の先輩には恵まれなかった。
−というよりは、自分の方から、「寄るな触るなはじけてとぶぞ」オーラを放っていたという方が正しいだろう。

最初の会社に入社当時の研修で、「講師の一言一言、一字一句を絶対に漏らさない。自分は、この集団の中で出来ると呼ばれる存在になりたい」と力んでいたし、また、研修日誌の中で、講師の方に、「キレて怒るのは良くない。怒るのではなく、叱らないといけない・・・」などと生意気な後輩であったに違いない。それは先輩の方も一歩引くというもの。
また、最初の配属部署には近い年齢の先輩はおらず、ますます自分は兄貴分知らずで社会人生活を続けていた。

ところが、後輩に気を使って話をする先輩の中、一人だけ、真っ向から自分にダメだしをしてくれる兄貴がいた。この会社−という意味では同期入社なのであるが、既に社会人生活を自分より3、4年経験してきた方。
同期での集まりの中、共に飲む事が多かったが、数年後、同じ部署になった頃から、さらに「兄貴」との飲み会ペースは上がった。
まっすぐで、筋の通らない事を好まない。飲みに行くと、必ずといっていいほど、2、3のダメを出されたものだ。

自分がその会社を離れてからも、時折機会を作ってお会いしていたのだが、昨夜はかなり久しぶりであった。
ある事の相談で私の方から誘ったのだが、快く応じて頂き、久しぶりに懐かしい雰囲気を味わった。「兄貴」のまっすぐぶりは当時と全く変わらない。ただ、円熟味を増し、あたりがより心地よく暖かいものへとなっていた。
相談事項を話す上で、自分自身の近況を報告したのだが、それをきっかけに「兄貴」の近況や、プライベートで抱えている問題、会社の事、組織の事−など、極めて身近、かつ、近しい人間にしか言えないような事まで話が弾み、非常に幸せな時間となった。

「兄貴分」−唯一無二の大切な方だ。

最近は、食べながら飲む事が多くなった。また、最初はビールで、2,3杯目からは焼酎へ−という事が多かったのだが、昨夜は久しぶりに、「若い時」モードの飲み方となった。
すなわち、焼き鳥数本と乾き物で、ひたすら、「生!」「生!」の繰り返し。

これも兄貴と自分の醸し出す懐かしい雰囲気の成せる事。自分はまだまだ若いと思った。
その証拠に、今日も元気だ。

sigma1126 at 14:37│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(13)TrackBack(0)この記事をクリップ!
▼大切な友人 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ファインリィ hiro4   2006年08月17日 15:03
新人でありながらカミソリのような存在。今でも存在するのでしょうか。私も26年前の新社会人になった時を思い出しました。
よき兄貴、よき家族、よき師匠。人生色々な人に応援されて頑張れるんだと思い返すことが出来ました。暑い日が続きます。ご自愛下さい。
2. Posted by サッカー   2006年08月17日 16:05
おつかれさま。
3. Posted by ☆夏雪☆   2006年08月17日 17:32
自分が信頼される人間になるためには、まず自分が相手を信頼すること。
何もかもさらけ出せる関係を築きたいとき、まず自分がさらけ出すこと。
昔、相手に求めるよりまず、自分が差し出すことだって、誰かに言われた気がします。

飲む相手で、お酒の飲み方も変わりますよね。

いつまでもいい兄貴・弟で、美味しいビールが飲める関係でいられるといいですね。
4. Posted by 女社長の三十路の気持ちyuka@   2006年08月17日 18:16
一生親しくできる大切な存在なのですね
この数ヶ月でお酒弱くなった私・・。
飲み比べでは負けちゃいそうです
5. Posted by 副代表   2006年08月17日 18:40
今そういう人と、起業しています。
ぶつかってますけど、楽しい毎日です。はい。

大事にして行きたいですよね!!
6. Posted by エフィ インタナショナル 代表   2006年08月17日 20:25
5  ものすごく良き飲み会だったんですね!兄貴分、私は初めて社会人になった時の初めて上司とは、今は会社は違えど連絡をしばしばとっています。その方は、満面の笑顔で他の先輩が言ってくれないダメだしをしてくれく上司でした。今でも時々連絡をとりあっています。飲みにいく約束をしたものの、前会社を辞めてまだ行ってないので、早く実行しなければと思います。人脈は宝ですね。
 「寄るな触るなはじけてとぶぞ」オーラが出てたんですね。私は吹き飛ばされそうですね(笑)。だからこそ、選りすぐりの兄貴に出会えたのかもしれないですね♪
7. Posted by ユキコ@リ・セット   2006年08月17日 21:30
こんばんは
最近、自分を曝け出せる存在がいるってもの凄く有難いなって思います
ズッとズッと大切にしたいですよね。


8. Posted by セブンスター   2006年08月17日 22:46
こんばんは。セブンスターです。
兄貴分の方の存在は貴重ですよね。
私にも大事な兄貴的な先輩エンジニアが
います。以前は同じ会社でしたが、私が
競合会社に転職したので、飲む時には仕
事の話はあまりしません。情報を探って
しまいそうなので、距離をはかりつつ
飲んでる感じです。
9. Posted by スマイルハートの社長   2006年08月17日 23:34
スマイルハートの社長です。
いつも忙しい中コメントありがとうございます。

素晴らしい兄貴分とのお酒だったのですね。
きっとお互いが満足した一日だったのではと
思っています。

今日も応援します、ポチッと!
10. Posted by 出口 茂   2006年08月18日 13:18
兄貴分の方も、素晴しい弟分の方がいて、楽しい人生だと感じていらっしゃることだと思います。そのような人間関係は、人間の財産ですね。本当に密な関係ですので、そんなには増えない財産なのでしょうが、大切にしたいですね。
11. Posted by モモ   2006年08月18日 15:00
コメントありがとうございました。
珈琲というものは
飲まなくても香りを嗅ぐだけでも癌予防になると言われています。面白いところでは珈琲の出がらしをまいておくだけでモグラが寄ってこなくて植木や家庭菜園を守るそうで時折喫茶店からもらって必要なひとにあげています。ゆっくりとすごす珈琲タイムは何よりの安らぎです^^

過信はしないでお酒は食べながら飲むを守った方がいいですよ。お体のためにね^^
12. Posted by ami-go   2006年08月18日 15:07
素敵な兄貴分、すばらしい出会いですね。
人生の中のそういう素敵なご縁ってほんといいですよね。
私もこれからも縁を大切に、よい影響を沢山いただいて、いのちの根っこを深くしていきたいと思います。
13. Posted by Toshiちゃん   2006年08月24日 21:16
5 飲んでいて為になるお酒、時間潰しのお酒、他人(特に上司、会社)の悪口を楽しむ酒、色々ですが全て今は為になっていると思います。でも貴兄は素晴らしい仲間、兄貴を持たれて幸せですね。これからも大事にされる事でしょうが友人は兄弟、親戚以上ですよね!乾杯!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別