2005年06月16日

■お客様からこぼれた一言(1)

シグマのひとたちってみんないい人...」

あるお客様ご担当がポツリとこぼされた。
この方にお世話になっているのは、1名だけなのだが、先週末にとある飲み会があって、どうやらそれ以外のメンバーとも会話をされたようだ。

どのような意味で、この言葉をいただいたのかはわからない。
まともに人柄をお褒め頂いたのかもしれないし、「飲み仲間として最適」と思われたのかもしれない。

ただ、「高橋さん。今度いっしょに食事でもどうですか?」とお誘い頂いたところを見ると、ある程度額面通りに受け取らせていただいてよさそうだ。

思わぬところで、現場のみんなは意識無意識を問わず、営業活動を行ってくれている。
おかげで、昨日触れたような懐に飛び込んだ動きが出来るチャンス到来。

ありがとうみんな。

sigma1126 at 13:36│このブログを人気ブログランキングで応援する | Comments(1)TrackBack(0)この記事をクリップ!
▼ちょっといい話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 出口 茂   2005年06月16日 15:01
類は友を呼びますから、社長の人徳ではないでしょうか。自然にお客様はじめ、取引先の方々も、「良い人」ばかりで固まっていくのだと思います。
何となくですが、私の仕事も、業種は様々でも、「自分と合う」方々が残られていると思います。
また、社員様も、社長のお人柄を見て、成長されていかれるのだと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
よろしくお願いします
土の香りのソフト屋さん
高橋和美

1984年 銀行系シンクタンク入社
その後、中小ソフトハウスにて経験を積ませて頂き、
2001年9月10日、螢轡哀泪レストを東京五反田に設立

当初6名で始めた会社も、徐々に体制が大きくなり、目下数々の壁に体当たり中。

夢は、第一線を退いても自分の居場所となる憩いのエリアを設立すること。

一人の成功は望まない。
仲間との成功分かち合いを好む。
年に一度はビールかけをするような元気で暖かい仲間・集団、そしてそれを周囲に伝染させていきたい。
月別